更年期障害と更年期症状

40代〜50代位の更年期にさしかかった方に見受けられる更年期特有の諸症状を総称して「更年期障害」と呼ばれているのが一般的なようです。
更年期にはいると、ホルモンバランスの乱れによる数多くの不快な症状が現れてきますが、大抵の方は自分なりに何らかの対処をしながら、日常の生活を過ごしていると思われます。
実は、このような更年期に現れる、更年期特有の不快な諸症状のことを「更年期症状」と呼びます。
よく、更年期障害と更年期症状は混同されることが多いのですが、他に原因がない、更年期特有の症状で、症状の軽さや重さといった度合いに関係なく総称されるのが「更年期症状」なのです。
この更年期症状によって、日常生活を過ごすことが困難となるほど重くなった状態を「更年期障害」と呼ぶのです。

posted by Nagg at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 更年期障害 症状
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33836933

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。